オタクは恋愛対象になるの?OKとNGの線引きはどこにある?

スポンサードリンク

オタクの人は、特にオタクではない人から見て、自分が恋愛対象になるのか気になることでしょう。
今好きな人が、オタクに対してどのような意見を持っているのか、不安で一歩が踏み出せない人も多いはず。
恋愛対象になる意見や、ならない意見を参考にしましょう。
またどこまでがOK、またNGなど許容範囲を知っておくと、これからのお付き合いの対策ができます。

スポンサードリンク

オタクでも恋愛対象になる!の意見

オタクでも恋愛対象になる、という人は実は少なくありません。
どんな意見を持っているのか、見てみましょう。

自分も何かにハマったら、オタクのようになることもあります。
そんな時はオタクの人とも価値観が合うので賛成派です。(30代女性)

何も趣味がない人よりも、熱心なことがある人の方が魅力的。
好きなことやモノに一生懸命になれるのは、良いことだと思います。(20代男性)

オタクと言えば聞こえやイメージは悪いですが、趣味を楽しんでいる人と同じだと思っている人もたくさんいるようですね。
結婚を意識している人は、オタク趣味にお金をつぎ込む人でなければ、それで良いと考えている人もいます。
将来設計がしっかりされていれば、問題ないという意見が多いです。

恋愛対象外という人の声

オタクの人とは付き合えない、恋愛に発展しないという人の意見です。

好きなものがあるのは良いです。
でも、それにのめり込み過ぎて自分が放置されそうだから付き合えない。(20代女性)

自分にもコスプレやゲームの相手など、オタク趣味を強要されそうで怖いです。(30代女性)

オタクの人は現実逃避していそう。
リアルの恋愛を求めていなさそうだから付き合いにくいです。(20代女性)

たしかに二次元が好きで、リアルな恋愛に興味がないオタクの人も多いでしょう。
そんな人達が恋愛相手になれば、どう接して良いかわからないという意見も多いようですね。

どんなオタクなら許せる?(男性)

オタク男子を好きな女性は増えつつあります。
オタクと言ってもいろいろな種類がありますが、どんなオタクなら女性の許容範囲にはいるのでしょう。
多いのはパソコンオタクなどメカや機器に強い男性は、女子ウケしやすい傾向にあります。
オタクというよりも、そのことが頼りになる一面と捉える人も多いです。
さらに漫画が好きな女性は多いですから、漫画やアニメ好きも本の貸し借りができて好感度が高いです。
それ以外にも、カメラオタクや家電オタク、サッカーオタクも自分の趣味と合いそうなジャンルなので、好きな女性は多いです。
どこまでが許容範囲なのかは、その女性によっても違います。
社会的なマナーを守り、仕事をきちんとこなす常識的な人なら問題ないのではないでしょうか。

オタクの度合いはどこまで許せる(女性)

女性のオタクも多く、恋愛対象になる、という男性も多いでしょう。
しかし受け入れられない女性のオタクで多いのが、腐女子とジャニオタです。
腐女子が好きなのはBLですが、男性からするとBLの独特な世界観がどうしても理解不能だという意見があります。
またジャニオタは、男性に対する理想が高そうだからという意見があります。
ツアーやライブがあると、彼氏そっちのけで追っかけに行かれると、男性は寂しい気持ちになるのかもしれませんね。
意外と少ないのはゲームオタクです。
ゲームも漫画同様に、オタクとはいかないまでも、楽しむ人は多いですよね。
一緒に楽しめるので、ゲーム好きは男女問わず受け入れやすいのでしょう。

恋愛対象になるために気を付けたいこと

オタクの人は、自分の趣味がどう思われるか不安な人もいるでしょう。
でも隠して付き合うよりも、オタクだということを理解してくれる人とお付き合いできた方が良いでしょう。
そのためには、一緒に楽しんでほしいと考えるよりも、理解してくれればそれで良しとするのがポイントです。
またオタクのイメージを払拭させるための努力も必要です。

★清潔感を常に意識する
★オタクの話ばかりしない
★一緒に楽しめることも見つける
★忙しい時はメールをこまめに

オタクの人はアニメなどのイベントで、自分をないがしろにされそうなイメージもあるようです。
そのためお付き合いできそうな異性には、こまめに連絡をとったりすることも大切です。
さらにオタクと言えば、ずっと家にいて身なりに気を遣わないイメージもあります。
特に男性は髪を短くし、服装にも気を遣うと、女性から恋愛対象として見てもらうことができますよ。

まとめ

オタクと一言で言っても様々種類がありますね。
どんなこともやり過ぎていなければ、だいたい許容範囲と見なされるのではないでしょうか。
オタクでも、恋愛を思いきりしたいと思っている人には、オーネットがおすすめです。
趣味が合うことを前提に恋愛をはじめていけるので、オタクでも自分にぴったりの相手を見つけやすいですよ。
成婚実績も多いので、初の婚活も不安なく進められておすすめです。

スポンサードリンク

シェアしてもらえたら励みになります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

サブカル文化大好きなオタクリーマンです。 田舎在住のため、アニメイベント等には、行けませんがアニメで癒されています。野球も大好きホークスファンであり、お金に関することも好き。