アニメ業界の年収はどの程度?

スポンサードリンク

どうも~ねこっちです。前回、声優の年収を調べてみました。

声優の年収はいくらなのか?

2018.02.11

でも、声優以外のアニメ業界に関わっている人達の年収も知りたくなりませんか。

私は、かなり気になります。

ねこっち
なぜえるたそなのか?

と言う訳で調べてみました。

スポンサードリンク

アニメータ

やはりアニメといったら、アニメータさんは必須の仕事ですよね。アニメの背景やキャラクターの動きを1枚1枚描く仕事です。アニメータさんも原画と動画で分かれていてアニメのラフ画を描く人を原画と言いそのラフ画を綺麗にし、ポーズを変えて動いているように描く人を動画マン言います。

その人達の年収は、なんと・・・・

平均年収は、332万円となっています。

引用元:http://heikinnenshu.jp/creative/anime.html

しかし、20代の平均年収は110万円で、30代でも平均年収は、213万円らしいです。

巷で言われている通り、かなり安いですね・・・。さすがに、この年収では、生活できないので実家暮らしの人が多いのではないでしょうか?

今、たくさんのアニメが放映されていますし、クオリティーも昔よりもかなり高く求められているので、かなり大変な仕事です。また、一日の作業時間が12時間とか言われていますので、かなりきつく新人時代は、かなり苦労することがわかります。でも、原画から動画マンそして作画監督となれば年収も上がっていくので、そこまで頑張れるかがこの仕事続けれてるかのカギだと思います。

作画監督

原画や動画マンを経てなる事ができる作画監督は、原画マンが上げてきた絵を修正することが主な仕事です。

そのアニメの担当回や動きなどに問題があったら修正して、その回の絵柄などに統一感を持たせ、一定の品質を保たせる仕事なので、かなりの技量が必要になります。

なので、作画監督になるには原画や動画を数年やった人では務まらない仕事となります。

その、作画監督の年収は・・・?

平均年収:564万円

やっぱり、原画や動画を経ているので、だいぶ年収がアニメータに比べたら上がっていますね。

と言うか、アニメータさんの年収が低すぎるとも言えますが。

これぐらい貰えれば、生活していけますよね。でも、作画監督になる人は、かなりの実力者なのでもっと稼いでいてもいいような感じはします。

キャラクターデザイナー

キャラクターデザイナーは、アニメやゲームをデザインする仕事です。

やっぱり、人の目を引くキャクターデザインじゃないと、売り上げに響いたりするのでこちらもセンスと実力、また多くの創造力が必要な仕事となります。

アニメでも、かわいいキャラだと男性が興味を持ちますし、原作があればそのイメージを壊さないキャラをデザインしなければいけません。原作信者のイメージと違ったら大変目にあいますからね。

そんな、キャラクターデザインの年収は

平均年収:300~600万

引用元:https://www.creativevillage.ne.jp/22515

なかなかの年収だと思います。自分のデザインしたキャラが動いたりするのは、かなりやりがいがあるのではないでしょうか。

背景美術

アニメを視聴していて、背景が綺麗すぎて圧倒される作品もありますよね。

特に京都アニメーション作品とか。いっつも背景綺麗やなと素人なりに関心仕切りです。

京都アニメーション作品はこちら↓

絶対に視聴しても後悔しないおすすめ京都アニメーション7選

2018.01.20

背景美術さんの仕事内容は、原画担当から送らてくる原図を参考に、背景を書き起こす仕事です。

詳しく説明するとキャラクターの住む世界のイメージを決める「美術設定」と世界観を決める「美術ボード」を描く仕事、そして背景画を描く「背景」があります。背景一つのでその作品のイメージが決まってしますので、かなり重要な仕事だと思います。

ねこっち
背景が綺麗だと魅了されますよね!!

そんな、背景美術さんの年収は・・・?

平均年収:約350万円となります。

うーん、かなり低いように感じますね。背景はその作品のイメージをつくり上げる重要な仕事なので、もっと給料が高くてもいいような気がします。

背景が綺麗な作品が、話題になるし視聴する理由の一つになるんだけどな。

製作進行

SHIROBAKOの主人公:宮森あおいちゃんもやっていた製作進行と言う仕事。

宮森あおいちゃん活躍が見たい方はこちらもどうぞ↓

心が温まる個人的おすすめアニメ5選を紹介、アニメを視聴して癒されよう!!

2018.01.14

製作進行の仕事内容は、アニメーションに関わる予算を把握・管理の管理や、そのアニメに関わるアニメータの進捗状況の把握、アニメ監督との打合せ、アニメータが完成させた原画をアニメ制作会社へ運び、ちゃんとアニメが放送されるまでのアニメ制作側とアニメータの橋渡しをする役割です。

上記の内容の仕事なので、かなり過酷な仕事だと思います。

そんな激務な製作進行の年収は・・・?

平均年収:平均320万となっております。

いや~マジこれは安すぎる。たしかにやりがいはあるだろうけど、安い、安すぎる!!

SHIROBAKO見てても、あおいちゃんが大変そうだったもんなぁ。もっと給料上げるべき!!

最後に

アニメ監督

アニメ監督の仕事は、まずアニメの進行に対する打合せがあります。アニメの工程についてどうするのか、どう進めてい行くのかという打合せですね。また、アニメの脚本や絵コンテ作成、カット、演出の仕方などをする場合もあります。

結局そのアニメをどうするかはアニメ監督なので、アニメ制作の仕切り役みたいなポジションですね。

その監督さんの特色がでるアニメもありますからね~。

アニメ製作の要であるアニメ監督の年収は・・・

アニメ監督平均年収:約650万です。

なかなか良い年収ですね。ほかのアニメ職種と違って貰っている方だと思います。

監督だから当たり前ですけどね。

これで、年収が低かったら、アニメ業界悲しすぎるだろ・・・・。

以上、アニメ業界の年収について調べてみました。声優業界と同じく厳しい業界だと思いますが、年数を重ねてキャリアップすれば、そこそこの年収が得られるのではないでしょうか? どの分野でも、同じことが言えるでしょうが。

他にも、3DGCやプロヂューサーなとアニメに携わる人達は多いので、興味があれば調べてみたいと思います。

ねこっち
個人的には3DCGアニメーションかな

声優の年収はいくらなのか?

2018.02.11
スポンサードリンク

シェアしてもらえたら励みになります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

サブカル文化大好きなオタクリーマンです。 田舎在住のため、アニメイベント等には、行けませんがアニメで癒されています。野球も大好きホークスファンであり、お金に関することも好き。