おすすめ京都アニメーション7選

どうもーオタリーマンのねこっちです。

2018年冬アニメも始まってしまいましたね。

早速、京都アニメーションの新作

ヴァイオレット・エヴァーガーデン

を見ました。内容はこれから良くなっていくと思いますが、圧倒的背景と絵が綺麗でした。さすが京アニ!!

絵が綺麗すぎて、内容が頭に入らなかった。(笑)

ねっこち
さすが素晴らしい映像ですね

京都アニメーションの凄さを感じたので、今回は過去の自分が見てきた、おすすめ京都アニメーション7選を紹介したいと思います。

7位:涼宮ハルヒシリーズ

ねっこち
このアニメでオタクになった人も多いだろうなぁ

これも、かなり有名なアニメです。ヒロイン?:涼宮ハルヒとその仲間たちSOS団の周りに起こる非日常が楽しいし、長門というキャラクターを生み出したのも大ヒットの原因だと思う。長門は俺の嫁とかも流行ったしなぁ。また、いろいろな事が起きて、えっそうなのとか意外性もあったのも良かった。後から、段々と真相がわかっていくのも、また何回も見たいと思わせた。映像も当時としては、ほかのアニメと段違いだったし、京都アニメーションを知らしめた作品だと思います。EDの踊りとかも当時めちゃくちゃ流行っていて、マネする奴がたくさんいたなぁ(笑) 今じゃ、考えられん。

気になる方は、ぜひ一度見てみください。

 

6位:小林さんちのメイドラゴン

意外と知られてないけど、これも京アニ作品なんです。ねっ以外でしょ。

小林さんがドラゴンとひょんな事から出会って、ドラゴンが一目惚れして居候する為に、押しかける事から物語が始まります。一度、小林さんは断るのですが、なんやかんやで受け入れます。マジ、小林さん男らしい。※ちなみに小林さんは、女性です。ほかのドラゴンも集まりだして、日常を送っていく中で小林さんとドラゴン達のとの絆が見れて、ほんわかします。変にシリアスにならないこともGOODです。

ちなみに、おすすめ俺のおすすめドラゴンは、カンナちゃんです。

いや~マジ可愛い。

 

5位:フルメタルパニックふもっふ

 

フルメタルパニックの主人公相良宗助の学校での日常をアニメ化した作品です。

これがまた、面白いんですよ。軍人の宗助の勘違い(軍人的思考)にクラスメイトやヒロイン

である千鳥かなめが振り回される姿は爆笑します。とある回のラグビー部とか。温泉会とか。

温泉回なんて、某ガンダムの覚醒パロディあったり。今思いだしても笑えます。

大部分は、ギャグですがほっこりする話もあるので、飽きません。

2018年に第4期も始まるので、この機会に一度見てみては?

 

3位:CLANNAD

泣けるアニメとして、絶対あげられるこの作品。主人公岡崎 朋也がヒロインや仲間たちと交流し、成長していく物語です。

だいぶ、前に見たので、内容はかなり売る覚えです。

なんでおすすめ第4位なのかというと、ある話が強烈に残っているからです。

朋也と親父さんとの関係が悪く、親父のことを嫌っていた朋也が親父の事を、許し感謝する所がめちゃくちゃ記憶に残っているからです。

朋也が、結婚して家族をもち、少年から大人になったこの場面が、余りにもいい話すぎてえ、この話だけで、4位にしました。

この話の他にも胸にグッとくる話がたくさんあるので、ぜひ一度でもいいので、見てもらいたい作品です。

涙腺が緩い人は、ほんとに所々で、泣いてしまうかもしれません。

ねっこち
この作品ではクラナドは人生と言う言葉も生まれました。

 

3位:けいおん

今の20代中盤~20代後半の人たちは、はまった人多かったのではないでしょうか?

当然私もはまりました。wwww

軽音部の5人が、ゆる~く音楽活動していく物語です。かなりゆるいです。本当に、本気で音楽をするアニメでもないので

ゆったり見れます。ティータイムとかアニメあるし。でも、この緩さが人気になった原因一つだと思います。

アニメ自体ものんびりしているのですが、OPやED、挿入歌は、とてもいい曲が多く、記憶に残るものが多いです。

アニメを見て軽音部の入部希望者やギター購入が増えた等のニュースが当時放送されて、一大ブームを起こしました。

京アニのアニメと言ったら、”けいおん”ってぐらい知名度があるので、見てみてください。

 

2位:ユーフォニアム

ここ最近の京都アニメーションで個人的に大好きな作品です。

吹奏楽に所属する主人公黄前久美子と周りの生徒達が吹奏楽を通して起こる人間模様を描いた作品です。

最初は、久美子自身が吹奏楽に関してそこまで本気になっていなかったが、滝先生という新しい顧問が来てから、久美子自身の成長や先輩達の問題が解決して行き全国大会出場に向かっていく物語は、青春でこうだよなと思い出させてくれます。

視聴していて、一つのもの事に、取り組み姿は、現実でもアニメでも素晴らしい。

演奏シーンは、京都アニメーション屈指の映像です。是非見ほしいです。

個人的に先輩である夏紀先輩がいい。ここでは、語りませんが、最初のイメージと最後のイメージが違いすぎて夏紀先輩の評価ががっらと変わること間違いないです。

見た人は、夏紀先輩の虜になるでしょう。

ねっこち
先輩最高です!! 付き合ってください。

 

1位:氷菓

神山高校1年生の省エネ生活主義の主人公折木奉太郎が古典部に入り、ヒロインである千反田えるとともに、

日常の中の謎を解決していく物語です。

淡々と物語が進んで、謎が解決していくので、起伏の激しいアニメではありません。

主人公とヒロイン、仲間達との些細なやり取り楽しく、ヒロインを気に入れば、京都アニメーション屈指のアニメになること間違いないです。

視聴していて主人公とヒロインの煮え切らない関係についほっこりします。

個人的には、文化祭の話とお正月の話が好きです。それは、ヒロインである千反田えるがかわいい

シーンが沢山あるからです。えるたそ~と言いたくなるわ!!

注意:えるたそ~は、千反田えるのネットでのあだ名(名称)です。あまりにも、かわいいのでこんな名称で呼ばれるように

上記でも書いてように、起伏のある物語では、ありませんが、キャラクターを気に入れば、何度も見なくなる作品です。

ねっこち
何回も見れば、味がでてくる作品。えるたそ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シェアしてもらえたら励みになります。

コメントを残す