ライブのペンライドはこれがおすすめ!!

スポンサードリンク

 アイドル・アーティスト、声優のライブに行くことが多い人には必需品となるペンライト。最初は使い捨てのを会場で購入していた人も、毎回購入すると高いなと感じ始めますよね。何度も参戦するならやはり、できるだけ安く、何度も使えるものを持っておいたほうがいいです。
 今回はその中でおすすめのものをいくつか紹介します。

 まずはこちら、「キンブレ」の愛称ですっかり定着しているキングブレード。今や知らない者はいないくらいの王道商品となりました。Amazonでは2533円、持ち手の底の王冠マークも可愛くて、持つのが楽しみになるデザインです。単四電池三本で点灯するので、電池が切れないようこまめに点検しましょう。

 人気の秘密は発光色が豊富なことでしょうか。スマホアプリで設定できるのも便利です。もちろん、単体でも使用可能なので鮮やかで華やかな発光で推しを応援してください。重さも90グラムと軽いので、ずっと持っていても疲れなさそうですね。

 キュートな形のものを探している方は、こちらのハート型はいかがでしょうか。アルカリボタン電池6個必要と、エネルギーを食うのはやや難点ですがだいじなライブを盛り上げるのに必要経費だと思えば……。

つけっぱなしで4-8時間使用できるとのことで、長めのイベントでも安心です。ただ、使う色種によって多少異なるようです。ハート部分は取り外しも可能ということです。最近のペンライトは機能も多く、使い勝手がよいですね。2149円で販売されています。

 屋内・屋外ともに使える高輝度ペンライトです。高輝度のものは持ち込み不可となっているイベントもあるようなので注意してくださいね。底面のボタンで操作するようになっています。

ペンライト部分にオリジナルシートを入れることもできるそうなので、メッセージや絵を描いて入れたり、バリエーション豊富に楽しめそうですね。1399円で、手首にかけられるヒモつきです。握りやすい形なので、ずっと持っていられそうです。ライブ以外に、パーティや停電時も頼れるかもしれません。

 ライブにいくことはあまりないので安価なものが欲しい方にはこちらもおすすめです。830円で、3カ月の保証がついています。高輝度で15色も発色します。

ペンライトの長さは、ライブによって制限もあるようで、たいてい250ミリ以内とのことです。この商品は250ミリに収まるので、持っていけそうですね。約60グラムなので荷物としても軽いです。この値段でこれだけの機能をそなえているので、使い捨てのサイリウムを毎回購入するよりお得かもしれません。

 2本セットで1680円のこちらも便利そうですね。両手に持って応援したい方には2本セットがいいかもしれません。18色のカラーチェンジができる商品ですが、サイズは約28センチとちょっと大きめですので、規制に引っかからないか確認しておきましょう。

電池カバーがドライバーなしでも外せるので急な電池切れでも交換しやすいかもしれません。くぼみがある持ち手で安定感があるので、オタ芸の際も落とさなくてすみそうです。折れたというレビューもあるので、無茶な使い方はもちろんNGです。

 

 

 キラキラで目立ちそうな2本セットのこの商品も売れているようです。価格は2本で2000円。ハンドルのボタンによってカラーチェンジでき、ライブ中も簡単な操作で色を変えられるようです。

多彩発光LEDでとても明るく鮮やかに発光します。ストラップがついているので、落としたりする心配も軽減されますね。サイズがけっこう大きいので買う前によく確認しましょう。350ミリで発光部分が長くなったようですが、このサイズだと持ち込めない会場もあるかもしれません。光る部分に、メッセージシートも入れられるので、ペンライトを使って想いを伝えることもできますね。単四電池三本が必要になります。

 

最後に

 ペンライトも年々進化し、ライブ・イベントを盛り上げる必需品として多くのファンに愛用されるようになりました。会場で使い捨てサイリウムを毎回購入するとけっこうかかりますし、使った後ゴミになるのももったいないですよね。

アイドルなどによっては専用のペンライトを公式が売っている場合もありますが、どのイベントでも使えるものを一本は持っておくと便利です。市販のペンライトはほとんどのメーカーのものが15色以上発光でき、3時間以上点灯できるようになっています。

LED使用で高輝度の製品も今やあたりまえになりつつありますね。そんなたくさんの優れた商品の中から、だいじなライブに持っていきたい一品を選んで、推しに向けて高く掲げてください。もしかしたら、気づいてくれるかもしれませんよ。

スポンサードリンク

シェアしてもらえたら励みになります。

コメントを残す