メルカリでオタクグッズを出品する利点!

スポンサードリンク

 旬を過ぎたオタクグッズ、買いすぎてしまったアニメグッズ、どう処分していいか分からないとき、ありますよね。アイドルグッズやホビーなど、ジャンルごとに買い取ってくれるお店はありますが、ものによっては二束三文にしかならないことも。せっかくだいじにしていたものだから、高く売れてほしいですよね。

 そんなオタクグッズ処分の方法として、選ばれることが多くなっているのが「メルカリ」です。参加しやすく使いやすく、利用者も多いのが特徴。「○○様専用出品」や「購入前の声かけ」など、独自のルールもあったりしますが、うまく使えば欲しい人に高く買ってもらえるアプリです。メルカリを使う利点について、紹介しましょう。

スポンサードリンク

自分で値段を設定できる

 

 グッズ買取店にお任せするのと違ういちばんの利点はこれです。自分が買ったときの値段、入手しやすいかどうか、現在のレア度も考慮して納得できる値段をつけましょう。だいじなのは、買い手側として見たときにいくらなら欲しくなるかを客観的に考えることです。

普通に手に入るものにはさほどお金をかけたくならない一方、今はもう販売されていないレアものなら、プレミア価格でも購入したくなるのがオタクというもの。また、人気キャラのものならお菓子のおまけのような小さいものでも買い手がつくのがメルカリのよいところです。

写真の撮り方やキャプションの付け方次第で、古いものもよく見せられる

 メルカリはスマホで撮影した写真で手軽に出品できるのがいいところですが、撮影の仕方次第で商品の売れ行きは変わります。欲しいなと思って写真を見ても、ぼやけていたり暗くて分かりにくかったり、床に髪やゴミが落ちているのがいっしょに映っていると購入意欲が失せますよね。

たくさん売って利益を出している人は、商品をいろんな角度から撮影するなど工夫しています。オタクグッズの場合、コレクション目的で買う人も多いので、美品かどうかは気になるところでしょう。買い手目線で、傷や汚れがある場合は正直に記載してください。また、キャラものが売れるとはいっても、版権キャラを使ったハンドメイドの自作品は、場合によっては著作権違反になるので気をつけましょう。

閲覧者が多いのでマニア向けのものも買い手がつく

 メルカリは利用者の多いフリマアプリで、幅広い層が利用しています。人気ジャンルのものは出品後すぐに多くの閲覧があり、購入検討のメッセージが来ることも。中にはいきなり値下げ交渉されたり、「友達にあげるのですぐ送ってほしい」など勝手な要求をしてくる人もいます。この人とやりとりするのは厳しいなと思う相手には、丁寧な文章で要求に応えられない旨伝えましょう。

個人同士のやりとりでいちばんネックになるのは、たまにいるやっかいな人とのトラブルなのですが、困ったことがあった場合は運営に連絡すると対処してもらえます。

 一般的には何の作品か分からないようなマニアックなアニメのものでも、探している人がいて買い手がつくことがあるので、やりとりを恐れずに買ってもらえるのを待ちたいですね。

匿名配送が利用できる

 メルカリのよいところは匿名でのやりとりが可能なところです。個人情報を知らない相手に伝えるのは怖いですが、そういったリスクにも対処しているところがいいですね。

お金の受け渡しもメルカリが間に入ってくれるので便利です。出品には手数料もかかりますが、それを含めても利益が出そうな価格を設定すればいいですよね。

メルカリ便でコンビニから発送すれば手間も最小限に

 メルカリで購入されたものは、メルカリ便という独自の配送方法で発送できます。資材もコンビニやヤマトの営業所で65円と安く購入でき、通勤前にでもコンビニによって発送することができて非常に便利です

。郵便局の空いている時間でないと発送できなかったりといった不便がないので、購入者を待たせることもありません。発送後に発送通知をし、無事届くのを待ちましょう。

操作がラクで分かりやすい

 メルカリは幅広い層に支持されていますが、その理由は何といっても、探しているものの表示が分かりやすいからでしょう。検索すると商品の写真が画面いっぱいに表示されるので、このときにいかに他の出品物と差別化するかが勝負です。

いちばんに表示される写真はひと目で分かる全体のものを選ぶといいですね。タグやカテゴリも気をつけて、探している人に見つけてもらいやすいように出品しましょう。

まとめ

 以上のように利点の多いメルカリ出品は、オタクグッズ処分の王道といえるかもしれません。ネットでのグッズ買取は、一点ごとの値段が分からなかったり、安価で売ることになってしまったりと残念な点も多いですし。

本当に欲しいと思ってくれる人に直接譲れたら、処分するときの気持ちも違いますよね。分かりやすく丁寧な文章で気持ちのいい取引を心がけて、だいじにしてきたオタクグッズを次の持ち主に譲りましょう。

スポンサードリンク

シェアしてもらえたら励みになります。

コメントを残す