社会人になって親戚の子供にあげるお年玉の金額の相場は?

 少子化、少子化と言われて久しいですが、身内に子どもがいる方は多いと思います。お年玉をあげる立場になると、最近の子のお小遣い事情を知ることになって、自分のころと比べてしまったりしますよね。

 ところで今どきの子たちは、いったいどのくらいお年玉をもらっているのでしょう。親戚の経済状況や数によって異なると思いますが、年齢別の平均額を見てみましょう。
 

小学生はどのくらいお年玉をもらうのか

 まずは小学生。幼稚園のころに比べ、学校で学ぶことも多くなり、ゲームや雑誌、友達と遊ぶときの服など欲しいものも増えてきます。

お金の使い方についてのしつけを始める年でもあります。幼いころからお金の使い方を学んでおかないと、年を重ねるごとに自分の欲しい気持ちをコントロールするのが難しくなってしまいます。

 そういうわけで、少額ながらお年玉をあげるのは意味があることといえるでしょう。

親戚が多くてたくさんもらった場合は親があずかるようにしましょう。一万円札や五千円札を渡すのはまだ早いと思われます。

 小学生は低学年と高学年で大きく違うので金額にも差をつけましょう。三年生くらいまでは1000円から3000円。

四年生から六年生までは3000円から5000円くらいでちょうどいいでしょう。

 お金は大切に使うように教え、できれば本などのように役に立つものを買うよう勧めるといいですね。

 最近、ゲームに夢中になって課金したくなり、親のクレジットカードを勝手に使ってしまうケースなどが増えています。今の喜びだけでなく、後悔することもあるとお年玉の機会に教えてあげてください。

 

中学生のお年玉相場はどのくらい?

 次に、中学生です。中学生になると学校で必要なものも増えますし、友達付き合いにお小遣いを費やす子も多くなります。

まわりと同じものを持っていないと輪に入っていけないこともあったりして、お金がかかる時期です。部活をしたり、その子らしさや好きな物がはっきりしてくるでしょう。

好きなアイドルのコンサートに行ったり、服を買ったりすることもあるでしょうが、流行りに流されるだけでなく心に残る使い方を考えられるようになるといいですね。

しかし、お金の使い方で失敗するのも勉強です。お年玉でいつもより大きい金額を手にしたときに、少し大きい買い物を経験させてみるのもいいですね。

 中学生のお年玉の相場は3000円から5000円くらいが一般的ですお金の価値が分かってくる年なので貯金を始めるのもいいでしょう。

自分の通帳やカードを作らせてあげるといいかもしれませんね。また、我慢することや手持ちのお金を上手に配分することも覚えていく年頃です。

もしかしたら、家庭環境によってたくさんもらえる友人がいたり、まわりと比較することもあるでしょう。しかし、お年玉をもらえること自体がありがたいことだと教えてあげる機会でもあります。

 

高校生のお年玉の額は?

 高校生の相場も見てみましょう。高校生は十代も終盤にさしかかることもあり、5000円から10000円くらいもらっているみたいです。

一人10000円くれたら、けっこうな額になりますよね。

 たくさんお金をもらう機会に貯金しておくことも覚えてもらいたいですね。計画的な子は数十万円貯めていることもあり、子どもによって差が出てくる年頃でもあります。

また、大学進学を考えることもあり、塾などでたくさんお金がかかるので、親からお小遣いをもらえる機会が減っている場合は、お年玉がよりありがたく感じられるかもしれないですね。

大学生もお年玉をもらう?


 番外編ですが、最近は子どもが少ないこともあってか、大学生でもお年玉をもらっている人もいるようです。

場合によっては、祖父母からはお年玉をもらって甥や姪にお年玉をあげている大学生もいるかもしれません。アルバイトをしていてお年玉をもらえるのはうれしいものですよね。

お年玉をずっと貯金している人はけっこうな額になっているのではないでしょうか。大学卒業時の卒業旅行や将来の夢のために目標を持ってお金を貯めるのは楽しいことですよね。

貯金の習慣は幼いころからつけておかないと、どんどんお金が出ていく年になってから身につけるのはけっこう難しいです。

欲しいものがあっても時間を置いてから買うとか、何割は貯金に回すといったルールを子どもといっしょに決めて、実行できたら褒めてあげるとステップアップできるかもしれませんね。

まとめ

 さて、お年玉についてみてきましたが、あなたの家庭や周辺ではどうでしょう。

子どもの友達の家庭と経済格差が大きいと子ども同士でいろいろ思うかもしれませんが、周囲との差を感じながら自分の与えられたものに納得していくこともお年玉を通じて教えていくことになるかもしれません。

お年玉をもらったら感謝の言葉を言える子に育てたいですね。また、あげる側になるときは、お年玉の出費に合わせて余裕を持った準備をしておきたいですね。

created by Rinker
Delfino
¥302 (2019/03/26 16:08:00時点 Amazon調べ-詳細)

シェアしてもらえたら励みになります。

コメントを残す