オタクのファッションを綺麗にかっこよくする法則をチェック

スポンサードリンク

オタクと言えば、チェックシャツにケミカルジーンズかチノパンというイメージがあります。
さすがにそこまでのザ・オタクな格好をしている人はいないでしょう。
ただしファッションに自信がない人は多いのではないでしょうか?
服装を綺麗に、そしてかっこよくしていれば、思わぬ出会いがあるかもしれませんよ。
脱オタクファッションのおすすめ販売サイトをご紹介します。

スポンサードリンク

お金をかけずともかっこよくなれる

オタクの人はアニメイベントや、グッズの収集などにお金を使いたいですよね。
フィギュアも安い価格ではないから、ファッションにお金をかけられないのです。
でもそれは、格好良いファッションイコールお金をかけなければならないと思っているからです。
今はファストファッションでも、かなりセンスの良い着まわしができます。
そんなセンスは持ち合わせていないと思っても、普通に着ていればダサくはならなくなります。
おすすめはUNIQLOと無印良品です。
シンプルなのに、着やすくカラバリが豊富で使い回しがききます。
今までユニクロをダザイと思っていたけど、友人から久しく誉められた(20代男性)
この意見のように金をかけさえすれば良いと思っている人は、多いみたいですね。
男性も女性も脱オタクファッションにはおすすめのブランドです。

やたらとロゴや英字に頼らない

どこか英字のロゴが入ったTシャツは、おしゃれなイメージがある。
そう思っている人は危険です。
ちょっと悪ぶってドクロやビジュアル系を意識した、クロムハーツの偽物っぽいファッションもオタクっぽいです。
ロゴは入っていても良いのですが、あくまでも小さく入っているのがおすすめです。
また、オタク女子はやたらと色を使いすぎる傾向があるそうです。
英字が入っていても、おしゃれでコスパの良いブランドは、H&MやZARAあたりがおすすめ。
もっとシンプルでトレンド感があるのはグローバルワークなど。
どちらも男女とも購入できます。

アウターは良いものを持っておこう

オタクの人はジャケットや、ネルシャツなどアウターを着ることも多いのでは?
アウターはお金がなくても、少し高いものを購入しておいた方が良いです。
何故なら安いブランドは形がおかしいものが多いからです。
体型に自信がないので、ダボダボした服を着がちですが、デニムかトップスどちらかは締まったものを着るとバランスが取れます。
そこに形の良いアウターを合わせましょう。
シンプルなブランドならBEAMSや、nano.universeあたりがおすすめ。

コスプレ好き女子が陥りやすい

きれいなメイクとウィッグで、可愛いコスプレをしている女性も多いですよね。
なのに、普段着となると何故かダサくなります。
理由は普段着にも、コスプレ要素を加えてしまっていませんか?
やたらピンクやブルーの原色や、レースやフリルもしくは網タイツやニーハイなど。
好きなので、普段着もコスに寄ってしまう気持ちは分かりますが、脱オタクファッションになるには向いていません。
できれば、一般人のコスプレをしていくんだという意識を持った方がおしゃれになれます。
ボトムスはスキニーやテーパードのデニムを取り入れるとおしゃれです。
オタク女子でも違和感の無さそうなブランドは、Heatherやnikoand、earthmusic&ecologyあたりでしょうか。
大人しめの女性らしいファッションが多いです。

オタク男子が選ぶべき小物類

荷物が多いので、リュックなら何でも良いし、お母さんのを借りている(40代男性)
こんな意見はちょっと危険ですよ。
リュックを持つのは良いのですが、できれば長く愛用できるアウトドアブランドがおすすめです。
値段は高めですが、どんな年代が持ってもおしゃれ感が増します。
ブランドは、ノースフェイスやOUTDOOR 、Logosなどを持つと良いでしょう。
他にもPORTERやManhattanportageなどは都会的です。

女性は動きやすさ重視の小物類を選ぼう

オタク女子で多いのが、バレエシューズタイプの靴や、ギャザーやレースがついたペタンコ靴です。
ロリータを彷彿させますが、普段着に合わせると何ともダサい。
コミケやアニメイベントなど、動き回ることが多い場合はスニーカーがおすすめです。
スニーカーで安くおしゃれなのは、コンバースのチャックテーラーです。
お金に余裕があるなら、adidasのスタンスミスがおすすめ。
スニーカーが多く見れる、ABCマートのサイトで選ぶと選びやすいですよ。
また缶バッジがたくさんついたバッグや、バッグに汚れたぬいぐるみがついているのもマイナスイメージです。

まとめ

おしゃれは引き算とも言われるように、シンプルなコーデからはじめてみましょう。
自分でコーデができないオタク男性は、プロのスタイリストが全身コーデをしてくれる、メンズスタイルがおすすめです。
何年も愛用できるスタイリングも可能なので、服装にあまりお金をかけたくない人も利用しやすいですよ。

 

スポンサードリンク

シェアしてもらえたら励みになります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

サブカル文化大好きなオタクリーマンです。 田舎在住のため、アニメイベント等には、行けませんがアニメで癒されています。野球も大好きホークスファンであり、お金に関することも好き。