絶対におすすめできるラブコメアニメ5選

スポンサードリンク

古今東西、恋愛は人間の大きな関心ごととして小説や映画の題材になってきました。もちろん、アニメの世界でも、恋愛は大きなテーマの一つ。恋愛とコメディのくっついたラブコメは、軽い気持ちで見られますし、仕事や学校で疲れて帰ってきて癒されるのにぴったり。
 おすすめのラブコメアニメを5つ紹介します!

スポンサードリンク

誰にもなじみ深い「からかい」要素が萌える!

まずは『からかい上手の高木さん』。女子からのからかいという淡い萌え要素がキュンとくるラブコメアニメです。中学校という舞台もノスタルジーを誘い、現在学生の視聴者はもちろん、大人も楽しめるでしょう。

美少女の高木さんと隣の席になった西平君。からかってくる高木さんに仕返ししたいけれど、いつもかわされてしまいます。
中学生くらいだと女子のほうが口達者だったり、ずばずば言ってきたりしますね。

しかし、高木さんはキツイ感じではけっしてなく、あくまで「からかい」で西平君をドキドキさせるのです。甘酸っぱいですね。
 青春時代の恋愛の思い出に浸りたい方も、可愛いイラストに心惹かれた方も、「からかい」という日常の萌え要素を堪能してみてください。

友達が少ないなら、隣人部に入ろう!

次に『僕は友達が少ない』。ライトノベル原作の学園ラブコメです。「はがない」と略され大ヒットしました。

主人公の羽瀬川小鷹は、友達を作るのが目的の「隣人部」に入部することになります。もちろんその部活には美少女たちが部員として集まっており、主人公は彼女らと関係を築いていくことになります。

可愛い女のコがたくさんいるというのはラブコメアニメに欠かせない要素で、その舞台として学園や部活は最適ですね。「友達が少ない」というのも共感しやすいポイントです。

小鷹はヤンキーと間違われて浮いているのですが、誰にでも話せるわけではない事情を抱えています。ただ恋愛中心のドタバタだけでなく、キャラそれぞれの重い過去や秘密を掘り下げていくので、見終わった後に深い感動があるでしょう。

中二病って恥ずかしいけどいとおしい!

ネット上でもリアルでもすっかり定着した『黒歴史』『中二病』という言葉。多くの人に心当たりがあるからこそ、苦笑いとともに広まっていったのでしょう。カッコつけてやっていたあんなことやこんなこと、思い出すと恥ずかしいけどあのころは無敵だったなぁ……と懐かしく思う方には『中二病でも恋がしたい!』を見てほしいですね。

主人公の富樫勇太は過去のイタイ自分を封印するため、高校では普通にふるまおうとするが、現在も中二病の同級生・小鳥遊立花と関わることになり……。

ラブコメに中二病要素が絡んでくると破壊力満点であることがよく分かる作品です。自分の過去を思い出して「ああああ」っとなりながら鑑賞するといいでしょう。

残念系のラブコメもいいね!

それから、こちらも学園舞台の『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』ひねくれた性格の主人公が、「奉仕部」に入ることによって変わっていく物語。「残念系ラブコメ」というジャンルです。

ライトノベルやアニメの世界では近年、熱血だったり積極的だったりする主人公は減り、肩をすくめて「やれやれ」というような消極的で冷めた性格の主人公や、平凡で特徴のない主人公が増えています。

しかし、ひょんなことから美少女に囲まれてハーレム状態になる展開は現在も健在。主人公は自分から働きかけなくとも、周囲の美少女たちに巻き込まれる形で事件に遭遇したりします。もちろん、恋愛にも発展します。

そういった王道でありながら気楽に見られる要素が、ラブコメが愛され続ける理由なのかもしれません。
「人づきあいが苦手」「口下手」という特徴を持つキャラクターたちの関わりは、応援したくなる要素も満載です。不器用な恋愛の行方を見守ってください。

クゥトルフ神話って奥が深い!

ギャグ多めで笑える話を求めている方にはこちら、『這いよれ! ニャル子さん』。タイトルが個性的ですよね。ネットでも大人気でさかんにパロディが作られる「クトゥルー神話」がモチーフになっています。

パロディネタなので、元ネタが好きな方は話に入っていきやすいですよね。ニャルラトホテプを名乗る美少女と関わることになる主人公・真尋。ツッコミ力が高くて、ツンデレ系。

クトゥルー神話を元にしていることもあって壮大な世界観ですが、現代の文化もたっぷり取り入れられているので、元ネタを知らない人も楽しめます。

ヒロインが可愛いので、ツッコミを入れながらも好きになってしまうでしょう。ラブコメアニメらしい萌えシーンもいっぱいですよ。

まとめ

ラブコメアニメは、時代の流行を取り入れながら進化しています。学園・異世界・ハーレムといった王道要素を組み込みながら、ヒロインのタイプや主人公の性格は今の視聴者の好みを強く反映しています。最近はヒロインもただ可愛いだけでなく、人見知りだったり恋愛が苦手だったりというネガティブ要素を持っていることが多いですね。そんな彼女が主人公にだけ見せる笑顔や好意が可愛いから、ラブコメは人気なのでしょう。
 まとまった時間に一気にアニメを見る機会があれば、ラブコメアニメを観るのも楽しいですね!

スポンサードリンク

シェアしてもらえたら励みになります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

サブカル文化大好きなオタクリーマンです。 田舎在住のため、アニメイベント等には、行けませんがアニメで癒されています。野球も大好きホークスファンであり、お金に関することも好き。