声優になるにはどれくらいお金かかるの?

スポンサードリンク

 声優になりたい、と夢を抱いたとき、お金についての疑問が湧くこともあるでしょう。声優としてデビューするまでにいったいいくら必要なのでしょうか。
 今回は、声優になるまでに必要なお金について考えてみます。

スポンサードリンク

専門学校の費用は?

 まず、声優になるためには専門の学校に通う必要がありますが、2年制なら200万から300万ほどが必用になります。

学校や専攻コースによって費用は異なり、社会人向けの夜間コースを設けているところもあります。資料請求して比較してみるとよいでしょう。

さらに、声優の学校は都市部にあることが多いので、地方の方は上京する必要があり、一人暮らしの費用もべつに用意しなければならないでしょう。オーディションもほとんど東京都内ですし、声優デビュー後は都内にいたほうがフットワーク軽く仕事ができそうです。

動きやすいところにいるほうがチャンスも掴みやすく、レベルの高い環境で技術を磨けるので、状況は必須になりそうですね。

専門学校にはよい面も悪い面も

 さて、上記で専門学校の学費の話をしましたが、ネット上には今や、実際に声優の専門学校に通っていた方の体験記事なども溢れています。

一見華やかで夢につながっているように思われる専門学校ですが、卒業後に活躍している生徒がいるかどうかも、HPを見る際に気にしたほうがよさそうです。

中には、学費は高いものの身につくことは少ない専門学校もあるようです。医療系や技術系の専門学校と違って、声優の専門学校は、職業に結び付きにくいという難点があります。

それだけのお金をかけて夢を叶える覚悟があるか、今一度自分に問いかけてみてくださいね。

かかる費用は無限大

 声優になろうと決意するのは、早ければ早いほどできることが多くなります。子どものころから劇団に所属したり、ボイストレーニングを積んだほうが有利になるでしょう。

また、声優に必要なものは幅広く求められており、最近はアイドル化していることもあって、ルックスの良さやスタイル、笑顔も評価されるようになっています。

また、アニメが好きなだけではダメで、コミュニケーション能力の高さも求められています。そういった総合的なところを考えると、声優になるまでにかかる金額は無限大ともいえるでしょう。

生活すべてが、声優になる未来を作っていくためのものであると考えなくてはなりません。

養成所のほうが夢には近い

 専門学校以外の選択肢に、養成所がありますが、狭き門です。有名な養成所の例ですが、年間受講料は十数万円程度です。

学費の高い専門学校と違い、養成所は将来のプロを本気で見出す場所であるため、受講料は低めですが、レッスンは厳しく、教わる以上に自ら学ぶ自主性がないとついていけません。

入所に際して審査があるため、入ること自体が難関ですが、声優事務所に所属するチャンスもあり、声優への夢に近い方法といえるでしょう。

受講料は安いですが、授業のない日に自ら演技を研究したり、ボイストレーニングに通ったりする必要もあるので、その費用はべつにかかるでしょう。

いちばんだいじなのは精神力

 どんな夢にもいえることですが、他のことを犠牲にする覚悟がなければ夢を叶えるのは難しいです。

トップレベルに近づくほど、朝から晩までそのことしか考えていないほど真剣な人が増えてきますし、生まれつき資金やコネなどに恵まれている人やたぐいまれな才能を持った人ともライバルとして戦っていかなくてはなりません。

声優業界は特に、芸能人も参戦してきているため、有名アニメの主役は俳優・女優ということも珍しくありません。そんな中で才能と努力だけで戦おうと思ったら、理不尽なことにメンタルをやられている暇もないのです。

常に夢を追っていようと思ったら、遊んでいる時間もないことに気づかされるはずです。

生活するだけでもお金はかかる

 特に、地方出身だと、上京自体が大きなハードルになることもあるでしょう。

筆者の知り合いも夢を追って上京しましたが、東京の家賃は高く、毎月6万円で風呂なしアパート生活であり、時給1000円ほどの飲食店アルバイトに追われて結局夢を追う時間がなく、数年で地方に帰ってきました。

いずれ東京で生活しようと考えている場合は、高校時代からしっかりアルバイトなどして貯金しておいたほうがよいでしょう。

なれなかった場合のことを最初から想定するのはよくないですが、健康保険と年金はかけておいたほうが将来のためです。ちなみに、会社が負担してくれない場合やフリーターで自分でかける場合、この2つだけで毎月2、3万必要になります。

都会には遊ぶところも誘惑も多いですが、声優をめざしている方の多くはアルバイトしながらの貧乏生活を送ることになるようです。ときには、普通の社会人として安定した生活を送る友人がうらやましくなることもあるでしょう。

将来が不安になるときもあるでしょう。しかし、どんな環境であっても自分の夢を第一に考えて、まわりに流されずに努力し続けることが大切です。夢は叶うと信じて、未来のために頑張りましょう。

スポンサードリンク

シェアしてもらえたら励みになります。

コメントを残す