今年の新入社員にアンケートを取った結果、3割が今の会社を3年で辞めると考えている

スポンサードリンク

こんにちは、ねこっちです。

今年の新入社員も今の会社に就職して、2か月が経過しました。

そろそろ、会社にも慣れ始める頃かな?仕事にも少し余裕ができてきたかもしれません。

しかし、あるアンケートでは、今年就職した新入社員が、3年で今の会社を辞めるつもりというアンケート結果でてきています。

そのニュースがこれです。

2019年新入社員「今の会社を3年で辞める」が最多 「就活をやりなおしたい」も過半数

マイナビは6月13日、「2019年新入社員1か月後の意識調査」の結果を発表した。調査は今年5月にネットで実施し、2019年卒の新入社員800人から回答を得た。
新卒で入社した会社で何年ぐらい働くと思うかを聞いた。「わからない」(23.9%)を除いて最も多かったのは「3年以内」(22.2%)で、次いで「定年まで」(21.8%)となった。以降、「4~5年」(14.9%)、「6~10年」(9.8%)、「10年以上」(7.6%)となった。

2019年新入社員「今の会社を3年で辞める」が最多 「就活をやりなおしたい」も過半数

会社を辞める理由としては

①ライフステージによって職場を変えたい

②キャイリヤアップして収入を上げたい

③色々な会社にいって経験を積みたいなど

④将来企業したいなど

さまざまな理由があるそうです。

まだまだ、新入社員だからなのか、人間関係が嫌で退職したいとの結果がでてないのかもしれません。

まぁ。会社を辞める理由の多くは、給料が低いか人間関係がおおいですから・・・。

私も、10年近く会社人していますが、何度も会社辞めたいと思いました。

その理由は、人間関係です。会社では、さまざまな人がいますが、どうしても合わない人がいるものです。

それが、直属の上司だったら最悪ですね。

今の、新入社員は、アンケート結果から見るに、本当にまじめだと思います。

キャリヤアップや企業したいなど、私からしたら羨ましくあります。若いっていいなぁ~。

スポンサードリンク

新入社員だからといって、今の時代、会社が合わないとおもったら、転職するのも有りだと思う。

昔と違って、今の会社がきつくても、最低3年は勤めろという言葉がありますが、そんなの今の時代では、通用しないと思う。

ブラック企業に3年も務めるなんてもったいない!!

転職活動して方が、自分の将来を考えるうえで、絶対プラスになると思います。

でも、転職活動は、在職中にすることをおすすめします。お金の問題もあるし、意外と在職しながらでも、転職活動は可能です。(私、自身、在職中に転職活動できましたから)

20代で転職活動をどうしたいいのか分からない時は、転職エージェントに登録する前に転職セミナーなどを一回行けばより転職活動のイメージができると思います。

転職セミナーはキャリアスタートという、新卒、第二新卒向けのセミナーがあります。

転職セミナーを受けた後に転職エージェントに登録すればいいと思います。

転職エージェントに登録すると、職務経歴書を提出しなければいけませんが、元になる文面があるので、そんなに時間がかからないし、エージェントの人が、書類についてアドバイスをくれたり、面接の日程調整をしてくれるので、スムーズに転職活動できると思います。

私は、リクルートエージェントを使って転職活動してました。

今の時代、一つの企業に勤めることは珍しくなっているのかも

新入社員の人は、まだまだ、若いので、今の会社に不満があるなら、どんどん自分の価値を高めて、転職活動をしてキャリアアップを目指してほしいと思います。

いまは、人手不足だし、日本にはさまざまな企業があるので、転職活動に悩まない方がいい。

お金を稼ぐ方法は、会社だけでなく、インターネットビジネスもあるので、自分の可能性を広げていった方がいいよね。

本当に、自分で稼ぐ、そしてゆっくり、長く仕事できる職場に行き、老後資金などの対策をしていくことが、今後大事になってくる。

お金があればセミリタイヤも見えてくるからね!!

created by Rinker
¥1,404 (2019/07/19 04:44:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

スポンサードリンク

シェアしてもらえたら励みになります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

サブカル文化大好きなオタクリーマンです。 田舎在住のため、アニメイベント等には、行けませんがアニメで癒されています。野球も大好きホークスファンであり、お金に関することも好き。