コミケ帰りや仕事の疲れを癒したいときにおすすめの都内温泉

スポンサードリンク

 コミケに参戦、わくわくしますよね。あのサークルの新刊ゲットしようとか、神に話しかけられるかなとか、緊張と興奮でいっぱいの日になるはず。

 終わった後はたくさんの戦利品を抱いてどっと疲れてしまうかもしれません。そういうときこそ、温泉で疲れを癒したいですね。

普段温泉に行くことがあまりない方も、コミケで汗をかけばきっと行きたくなるはず。仲間といっしょでも楽しめそうです。

今回は、コミケ帰りに行ける東京の温泉施設を紹介していきましょう。

 まず、もっとも近いのは東京お台場温泉物語です。

お台場大江戸温泉

 非日常感たっぷりで、サイトを見ているだけでも楽しい気分になれます。無料シャトルバスもあるので時間を確認しておくと便利ですね。

施設にはなんと縁日もあるので、誰かと行くと盛り上がりそうですよ。11時から翌朝9時までの22時間営業で、料金は時間帯によって異なりますが、土日祝日の昼間だと大人は税込み2936円です。特定日はもう少し値上がりします。

コミケの後もお祭り気分を堪能したい方におすすめです。江戸関係の漫画・アニメにはまっている方は特に楽しめるかもしれません。

 

レトロな雰囲気の西品川温泉宮城湯もいいですね。

ゆっくりと余韻に浸りたい方には、喧騒を忘れて疲れを落とせるこちらの温泉がおすすめです。

宮城湯

15時30分から25時まで営業していますので、夜に訪れても大丈夫。

入浴料も460円とリーズナブルです。静かな雰囲気で懐かしい気持ちになれるかもしれません。

東京ビッグサイトからは約22分の距離にあります。温かい空間で親子連れにも向いています。

 

 おしゃれな温泉に行ってみたい方は北品川の天神湯はいかがでしょうか。

天神湯

 入浴料金も大人460円と懐に優しく、筋肉痛のときなどにうれしいナトリウム炭酸水素塩冷鉱泉です。温かい光に満ちた内装に癒されること間違いないでしょう。

バリアフリー施設なので、身体の不自由な方も安心です。グーグルのインドアビューで行く前に内装を見られるのもいいですね。

半露天風呂もあるそうなので、開放感を味わいたいときに。

 

万福湯

 超音波風呂や気泡風呂などもあってリラックスできそうなのが万福湯です。

ノスタルジックな空間は高い天井が特徴的で、古き良き東京を感じられるでしょう。東急池上線の大崎広小路駅から徒歩一分ほどのアクセスです。大人460円となっています。

冬至の時のゆず湯などイベントが行われることもあるようなのでチェックしておきましょう。品川浴場組合に加盟しているのでスタンプラリーなどが行われるときもあるようです。

 


 
 お風呂の王様

 名前もカッコイイ「お風呂の王様」もコミケ帰りに便利な立地です。

店舗がたくさんあるのですが大井町店が近いでしょう。土日祝日は大人1550円です。9時半から翌朝8時半まで営業しています。

いろんな種類のお湯が用意されており、絹の湯といった贅沢なお風呂もあります。ジェットバスで豪快にくつろぐのもいいですね。

岩盤浴もできるので疲れをとりたいときはぜひ堪能してください。女性専用の漢方よもぎ蒸しもあります。30分で3300円です。長時間並んだり人ごみに揉まれた日にぴったりの施設ですね。

 


 月島温泉

 軟水が気持ちいい月島温泉も地元の人に親しまれてきた銭湯です。コミケの戦利品を自宅に送った後は、手ぶらで寄ることができます

。営業時間23時30分までなので、最終入場受付の23時までに行きましょう。料金は大人460円です。シャワーもカランも軟水というこだわりで、肌に優しい入浴時間が楽しめそうです。

 

金春湯

 長い歴史を持ち、多くの人を温めてきた金春湯。読み方は「こんぱるゆ」だそうなので、覚えておくとよいでしょう。大人460円で、番号付きの下駄箱が懐かしい雰囲気です。

壁に絵が描かれた銭湯、一度は入ってみたいですね。JR新橋駅から徒歩5分の距離です。

 

スポンサードリンク

まとめ

 さて、温泉や銭湯に立ち寄る際の注意も覚えておいてください。
 コミケ帰りだと、新刊やグッズを大量に持っていると思いますが、ロッカーに入らない場合は荷物として先に発送しておきましょう。

また、コスプレでメイクなどした場合はしっかり落としてから入浴しましょう。人ごみで疲れたりして体調がすぐれない場合は長湯やサウナはやめたほうがいいですね。

大勢で行くことがあっても、一般のお客さんの迷惑にならないよう気をつけましょう。公共の場で同人誌などを広げるのももちろんNGです。

 また、銭湯や温泉は公共浴場なのでマナーを守って入浴しましょう。知らない人ばかりで恥ずかしくても、タオルを巻いてお湯に入ったりするのはダメですよ。

湯船に入る前のかけ湯や長い髪をまとめることなど、不快にさせない作法で入浴しましょう。入浴中は湯船に髪を残さないよう注意し、出た後も水滴で廊下を汚さないように気をつけたいですね。
 それと、小銭を用意しておくと受付がスムーズにできるでしょう。
 準備を万端にコミケを楽しんで、帰りは気持ちいい湯で疲れを洗い流しましょう。

created by Rinker
¥972 (2019/07/19 16:57:04時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサードリンク

シェアしてもらえたら励みになります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

サブカル文化大好きなオタクリーマンです。 田舎在住のため、アニメイベント等には、行けませんがアニメで癒されています。野球も大好きホークスファンであり、お金に関することも好き。